カードローン

カードローンの審査における勤続年数の重要性

カードローンの審査において、勤続年数はいったいどれぐらいの重要性を占めているのでしょうか?よくカードローンの借り入れ条件などでは、勤続年数や営業年数が2年以上、3年以上といった規定を設けているところをみかけます。では勤続年数1年以内ならば、カードローンで借り入れすることはできないのでしょうか。

実際のところは、勤続年数よりも借り入れ状況や金融事故などの履歴のほうが審査では重要項目となるようです。現在何件の金融機関から合計でいくらぐらい借り入れをしているのか、年収がいくらなのか、年齢などを審査基準の最重要項目としている金融機関がほとんどです。

もちろん、カードローンおすすめにも、カードローンなどの借り入れをするものは、信用関係でなりたっているものですから、勤続年数が長ければ長いほど信用を得ることはできます。しかしいくら勤続年数が長くても、過去に返済の延滞などの金融事故の履歴があれば、借り入れをすることは難しくなってしまいます。

とはいっても、やはり勤続が3ヶ月にも満たない場合は、審査に通ることが難しくなるケースもあるようです。新入社員の方ならば、専用の申し込みができるカードローンなどもありますから、探してみるのもよいかもしれません。

審査においてチェックされるのは、借り入れたお金をきちんと返すことができる人物なのかどうかということです。勤続年数だけでなく、トータルでの判断によって借り入れの可否が決定されるものなのです。